湯立坂散歩(ゆたてざかさんぽ)

湯立坂の魅力と、重文・銅御殿(あかがねごてん)について情報発信します。
銅御殿の公開情報は(公財)大谷美術館によるものです。

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「保存原論」


このたび、市ヶ谷出版より
「保存原論・日本の伝統建築を守る」
鈴木博之著 が発売された。

東京駅や迎賓館、三菱一号館などと並んで「代表的14事例の保存の記録と詳細」で銅御殿をご紹介いただきました。

 
機(顕什發鬚瓩阿觝廼瓩力誕蝓
1.東京丸の内の駅舎の保存・復元 
2.八幡浜市立日土小学校がワールド・モニュメント財団/ノール モダニズム賞を受賞 
3.最近の保存運動の動向

供(顕什發亮鑪爐畔歛犬旅佑方 
1.日本における文化財の種類 
2.建造物の保存の考え方

掘(顕什睚歛犬砲ける記憶と想像力の契機
1. なぜ残したいのか
2.建物に秘められた全体性
3.意識の中で共有されるか

検[鮖謀建造物の活用と開発
1.文化財の活用について
2.歴史的建造物の活用
3.近代建築の継承


保存原論

文化財保存 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

富士山 世界遺産へ

 ここのところ、テレビニュースは富士山が世界遺産登録されることでもちきりでした。

日本のシンボル、美しい姿の富士山は世界に誇れる景色なので、嬉しい限りです。

 ニュースでイコモスという言葉も耳にされた方が多かったと思います。
イコモスはユネスコの諮問機関として、世界遺産登録の審査、モニタリングの活動を続けています。

 さて銅御殿隣地マンション問題では、多くの専門家たちも反対の声をあげておられたが、この日本イコモス国内委員会の委員長を当時務められていた、前野まさる氏もそのひとりでした。

2009/4/10強行着工に踏み切る野村不動産を前に朝早くから現場にかけつけ、抗議の声を上げてくださいました。
詳細

 このような方まで現地にいらしたり、NHKニュースや新聞で何度もとりあげられたり、社会的にも大きな問題であったことを改めて感じます。

 現場のマンションは完売で、普通に人が暮らしています・・・。なかなか難しい、現実です。


文化財保存 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

日暮里富士見坂

1/30 朝日新聞より。 

「東京都内から富士山が見える坂として知られる荒川区の「日暮里富士見坂」で29日、富士山頂に夕日が沈む「ダイヤモンド富士」が見られた。約6キロ離れた新宿区大久保に建設中のビルのため、坂からの富士山が見られなくなる可能性があり、この日は地元の人や見物客ら約200人が頂に沈む夕日を眺めた。・・・」

私はこの話を前から聞いていた。それは、なんとこの富士見坂と富士山を結ぶ眺望ラインに湯立坂がばっちり入っていて、どうやら湯立坂の工事中のクレーン車が眺望を邪魔しているというものだった。下記の地図をご参照いただきたい。
日暮里富士見坂ビスタ(見通し)ライン図

ことの詳細は未確認だが、遠くに見える富士山を楽しみに眺めてきた多くの人々の、言ってみればひとつの文化がまたひとつ消えていくのは、寂しい気がする。

日暮里富士見坂眺望研究会
文化財保存 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

東京 名所の景観守る要望提出

 多くの観光客でにぎわう浅草の浅草寺や徳川家の菩提寺の増上寺など、全国的に有名な東京の歴史的な建物の所有者が、景観を守るために、周囲の高層ビルの高さやデザインを制限するよう求める初めての要望書を、11日、東京都に提出した。

 銅御殿(旧磯野家住宅)を所有管理する大谷美術館もここに名を連ね、重文所有者7団体からの要望となった。この模様はNHKニュースで報道され、銅御殿と野村不動産マンションも景観破壊の代表として映された。

 東京都には、都が指定した建物から100メートル以内に、景観を損なうような高さやデザインの建物を造ることを制限する条例がすでにありますが、今回、要望書を出す国の重要文化財の建物は、いずれも都の条例の対象に指定されていませんでした。

 また、同時に大谷美術館・銅御殿を守る会・杜史を育む会・湯立坂が集めた署名10097筆も東京都知事あて提出されました。ご協力いただきました皆様に心より感謝いたします。

文化財保存 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

TOKYO MXテレビのニュースで特集

 9月14日、TOKYO MXテレビのニュースで銅御殿の隣地マンション問題がとりあげられました。湯立坂という歴史と文化ある地域に計画された高層マンションが、この土地にふさわしくないとの理由で起こされた裁判に関してのリポートでした。

 映像のあとでコメントを述べたキャスターは、どちらにも言い分はあるとした上で、地域の人が違和感を持たない建物にしてほしい、東京は震災や戦災で江戸・明治からのこる木造建築が少ないので文化的価値をきちんと考えるべきだと感想を述べました。

 また、都市開発と文化財(歴史的景観)の関係は都市に住む人、ひとりひとりが考えるべき身近な問題であるとし、多くの人の関心事となっています。

 写真:右下は銅御殿の屋根、左奥が野村不動産の完成間もないマンション。
文化財保存 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

みらいの環境を支える龍谷プロジェクト

 京都から龍谷大学の「みらいの環境を支える龍谷プロジェクト」の皆さんが、銅御殿と湯立坂隣地マンションの視察にみえました。一昨年も視察されましたが、その時はまだマンションの形ができていなかったので、現在の非常な圧迫感のある建設中のマンションを目の当たりにし驚愕されていました。

「日本は戦後の開発によって多くの経済的発展や利益を生んできましたが、その矛盾が社会のあちこちに現れています。今後の持続可能な日本社会のためには、地域の個性、景観というそれぞれのまちの大切な資源をいかに生かすかが重要となってきます。今こそ、景観の価値をもう一度見直し、まちづくりを考えることで、日本社会の再構築に一石を投じたいと思います。」みらいの環境を支える龍谷プロジェクトHPより

「みらいの環境を支える龍谷プロジェクト」2009年の視察

文化財保存 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

訪日旅行者関心「伝統的建築様式」がトップ

 訪日個人旅行者の関心を調べるアンケートで、今年初めて
「日本料理を食べる」に代わり「伝統的建築様式」が首位になったというニュースです。
景観破壊をしている場合ではありません!
**************************
下記引用
 JNTO外国人向け総合観光案内所ツーリスト・インフォメーション・センター(TIC)では、平成18年以来毎年外国人利用客を対象にアンケート調査を実施していますが、今年も夏から秋にかけてTIC利用外国人旅行者(*)対象に訪日旅行調査を実施し、919人から回答を得ました。その結果、最も関心のある体験として「伝統的建築様式」「日本料理」「伝統的日本庭園」が上位を占めました。主な調査結果は以下の通りです。

■最も関心のある体験・・・伝統魅力と食が主要人気。
・過去3年連続首位の「日本料理を食べる」に代わり、新たに「伝統的建築様式」がトップに。
・2位「日本料理を食べる」、3位「伝統的日本庭園」、4位「旅館滞在」、5位「温泉」。
・7位「ハイキング・登山・サイクリング」が近年上昇傾向。

日本政府観光局報道発表
文化財保存 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

平城遷都1300年明日香村保存

 今日はNHKで「あなたの知らない奈良・平城遷都1300年、「次の1300年」に伝えたいもの」という番組をずっとやっていた。平城遷都1300年祭は大変な人気で、古くからある日本人の心を、多くの人が思い出しているのでしょう。

 番組ではどのようにして明日香村の景観保存が実現していったかのエピソードが興味深かった。保存を望む人、地域の住民、行政がさまざまな困難を乗り越えながら成し遂げた偉業に敬意を表したい。

 「風の人 寺尾勇と飛鳥保存」という本が出版された。「日本のふるさと飛鳥保存とは何だったのか!元朝日新聞文化財記者が編んだ貴重な記録」を美学者・寺尾勇さんを偲びながら読んでみたい。
文化財保存 | permalink | - | - | - | -

銅御殿マンション現況

8/24現在の写真です。右下に写っている石像が銅御殿を長年見守ってきた茗荷谷観音。ちょうど野村不動産により建設中のマンションの方を向いて立っています。白いフェンスは敷地境界。
銅御殿は庭まで国の重要文化財の指定を受けています。こんなにも近いところにマンションの壁が立ちはだかるなんて・・・。(写真をクリックすると大きく表示されます)
文化財保存 | permalink | - | - | - | -

中央区復興小解体本日から?

 先般、建築学会から「重要文化財に相当する価値があるため、保存を検討すべし」と要望が出された、中央区の明石小学校の解体がどうやら本日より始まるようです。

 古い建物は確かに使い勝手が悪いですが、上手にリノベーション(保存・再生)した歴史ある建物で子供たちが勉強できたら、それだけでずいぶんステキなことだと思います。コストも建て直しよりかからない方法があることが示されています。

 いまや文化財の中のティールームやレストランは、どこも大人気。その空間に身をおくことで、癒されたり、いろいろなことを考えたり。一服のお茶がビルの中でよりも美味しく感じられるからでしょう。

 歴史的建造物の中で多感な幼少期6年間を過ごせるなんて、かけがえのない体験だと思うのですが・・・。

 本日NHKニュース7他で放送予定。
中央区立明石小学校の保存活動
文化財保存 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -