湯立坂散歩(ゆたてざかさんぽ)

東京都文京区小石川と大塚の境にある湯立坂。
坂の魅力と、重文・銅御殿(あかがねごてん)について情報発信します。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 放送大学のなかは・・・ | main | 裁判結果 >>

プラウド小石川

  夏には湯立坂に完成した野村不動産のマンションがいよいよ販売されるようだ。大きく紛争を巻き起こしたこのマンションだが、現在の様子を報告したい。

 写真の通り、現在もまだ大きな看板が湯立坂に建っている。「重要文化財が壊れたらだれが責任取るの?」「野村不動産は重要文化財に配慮を!」という文言。通常のマンション紛争では、販売時には当然周辺住民との何らかの和解がすすめられ、こういった看板ははずされる。
 しかし、この時点においてもまだ看板が高らかに掲げられているということは、和解ができていないことの表れだ。

近隣住民が文化庁を提訴している行政訴訟は2月17日(金)に地裁判決を迎えるが、控訴する可能性もある。

また、銅御殿の所有者が、工事の影響で土壁に影響があったと訴えている裁判(公害等調整委員会・原因裁定)は現在も審議中であり、判決はまだ先になりそうだ。

 
マンション問題 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -
この記事のトラックバックURL
http://blog.yutate.com/trackback/1231255
この記事に対するトラックバック