湯立坂散歩(ゆたてざかさんぽ)

湯立坂の魅力と、重文・銅御殿(あかがねごてん)について情報発信します。
銅御殿の公開情報は(公財)大谷美術館によるものです。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 水彩画で綴る大工道具物語 | main | 文化財所有者からの要望・全文連 >>

100年住宅 銅御殿

 10月29日発売の週刊現代に、100年住宅の特集で銅御殿が掲載されました。銅御殿の顔とも言える車寄せ正面からの写真は、屋根の反りとむくりのバランスが美しく、なかなかプロポーションの良い、「かっこいい」銅御殿です。また、室内の写真は、直角ではなく斜めや三角に合せた障子の桟がリズミカルな印象です。

 見学についてのお問い合わせを多くいただいております。
秋の見学会は http://blog.yutate.com/?eid=1231262 をご参照ください。

また、日経カルチャーの主催する「学んで旅するカルチャーツアー」では銅御殿のほか旧安田邸の見学や作家三角寛の旧邸宅の料亭でお昼を食べる日帰りバスツアー11/17,11/28も募集しております。

 日経カルチャーについてのお問い合わせ 03-5259-2660

いずれも、庭園から係の説明を聞く見学会となり、建物内には入れませんのでご了承ください。
銅御殿 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -
この記事のトラックバックURL
http://blog.yutate.com/trackback/1231265
この記事に対するトラックバック